広島でお薬卒業応援薬剤師をしております
ママ育 薬剤師の横田麻衣です。

   222546_380152365400940_1520067657_n


今日もホームページに遊びに来ていただきまして ありがとうございます。
子育て 健康 食 ココロ アロマ サプリ ファスティング ・・ 
心に思い浮かぶまま書き留めております。

あなたもお薬卒業してみませんか?
少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。
自分の人生 子どもたちの人生 輝かせていきましょうね♪


lin-1-8

理想と現実の狭間で悩んでいるあなたへ


私のもとにくるご相談の多くは、非常に女性が多いですね。
しかも、どなたも真面目ながんばり屋さん。

私もそうでしたが、健康情報や育児情報がこれだけ流れるようになると、自分の価値観に迷いを感じる方が多くなります。特に、実際に病氣の方や子育て中のママは、あれこれ振り回されてしまいますね。
世の中の雑誌や テレビや インターネットや ご家族や 友人を通して、これが正しいという情報が、親切という名のもとに訴えかけてきます。



例えば、子育て中のママさんのお話をしてみますね。

赤ちゃんは、母乳で育てた方がいいとか
食材はオーガニック素材がいいとか 氣にしすぎだとか
食事や離乳食は、手作りがいいとか
赤ちゃんは30分は日光浴した方がいいけど、長いと良くないとか
裸足で遊ばせた方が足裏刺激になっていいとか 危ないとか
冬でも半袖、裸足がいいとか 寒くてかわいそうだとか
離乳食は、いつ頃からがいいとか 早すぎるのは良くないとか
砂糖はあげたくないけど、おばちゃんがあげるから困るとか
断乳は、いつ頃がいいとか 早すぎるのはよくないとか
子どもを預けるのは3歳からがいいとか
幼児教育は、早い方がいいとか、 早いのは良くないとか
ワクチンは打ちたくないけど、 保育園は打つことすすめるとか
牛乳は飲ませたくないけど、 給食は牛乳だとか
フッ素塗布はしたくないけど、 保育園ではすすめられるとか
薬は飲ませたくないけど、 それでは子どもがかわいそうだとか

これ、全部私が言われたことですが・・(笑) 


もう、勉強して知識が入れば入るほど、理想と現実のギャップに、ため息が出てきます。
そこに家族や友人、先生や行政、マスコミのアドバイスという名のもとに、コントロールが入ってきます。
そして、悩んでしまうのです。

理想と現実のギャップに悩み、できない自分に罪悪感を覚えます。
育児ノイローゼとは、こんなところから始まります。

私も本当に、迷い、悩み、落ち込み、また勉強し、子供にあやまり・・
の繰り返しです。(現在進行形)

しかし、さらに勉強していくと、あるとき自分の価値観が作られます。
ある情報の賛成意見と反対意見を読んだ時、どちらを選ぶかは自分で決めることができるようになります。
世の中がこう言っても、「私はこうする!」という決意です。
自分の行動に責任を持つというのは、こういうことです。

ですから、迷いがあるうちは迷いが無くなるまでいろいろ勉強しましょうね。
いろんな人の意見を聞いて、しかし鵜呑みにはしないこと。
どうしてもわからない時は、自分のなりたい人に意見を求めましょう。

まず、他人の意見に迷ったり、悩んだり、傷ついたりしたときは、自分が信じることをしましょう。
そして、できることから始めましょう。


そして、もうひとつ。
私も、無知は罪だと思います。
ですが、勉強して、知って、努力してみて、できないのであれば、それは決して無駄ではなかったということです。
代替案を考えればいいのですから。


例えば、母乳育児でお伝えしましょう。

母乳育児は、私もすすめています。
しかし、母乳が出ないお母さんはたくさんいますね。

なぜ母乳育児がいいのかを知っていれば、信頼できる会社の粉ミルクを選びますね。
浄水機を通した塩素を除いた水で、ミルクを作りますね。
母乳をあげられない分、ハグで愛情を伝えられますね。
母乳が出やすくなるような良質たんぱく質やビタミン&ミネラルをとりながら体づくりをしますね。
その結果、母乳が出なかったとしてもOK。
お母さんのカラダは、健康に近づいているのですから、無駄ではないですね。
そこで勉強した知識は、いずれ離乳食に活かされます。
ですから、結果オーライ!

できないことに罪悪感を持つ必要はありません。

人は、できることしかできないのです。

ですから、できることをすればいいのです(●^o^●)

とってもとっても大切なこと、それは
ママが幸せで、子育てを楽しんでいる愛情が子どもにとって一番の栄養であることを忘れないでくださいね。



lin-1-8

栄養ってほんと大切です。 
みなの食べるものが変わったら、病氣はどれだけ減らせるんだろう。

確かに食品業界側にも問題はあるのかもしれませんが、
私たち消費者が賢くならないと。

あなたのカラダのSOSを無視しないでくださいね。

お薬卒業するには、何でもいいから、今までの自分を変えなくちゃ!
あなたがお悩みから抜け出す第一歩。
そんな存在になれたらうれしいです。

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました。


logo

お薬卒業応援薬剤師  横田 麻衣

  メールによるお問い合わせ → http://www.mama-iku.jp/counseling/
          
            もしくは yokota@mama-iku.jp

 

  

  宮原薬局に来局 〒737−0024
            呉市宮原5−5−12 宮原薬局
        
                          tel01-14 0823−21−2478
          

お気軽にご連絡くださいませ (^○^)/